Nicoleさんの日常         当ブログの記事および写真の無断掲載はご遠慮ください


by Nicole-ay
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

昭和なレコード

ムスコ2が完全帰阪したので手狭になった部屋を片付け中であります。棚を整理していたら懐かしいレコードの数々が出てきました。夫や義妹と年齢が近いので、同じLPが二枚ずつあるのも多いです。クラッシックレコードでは年代がわかりにくいですがポップスやロックなどでは年齢がかなりわかるのでは・・・。
b0120159_141277.jpg
↑大好きだったミッシェルさま。あとお決まりのビートルズやサイモンとガーファンクルなどなど。針を落として聞くとCDでは味わえない何とも云えない趣があります。

もちろん清志くんのも・・。
[PR]
by Nicole-ay | 2011-01-16 01:44 | 大切なもの、大切なこと

訃報

忌野清志郎さんが亡くなった。私の青春時代はほとんどが彼の歌で思い出すことが出来る。若い頃はもちろん、おばちゃんになってからもライブに出かけた。同年代のファンも聴きにきていて古い友達にあったような親近感を覚えたりしていた。癌が転移してすべての活動を休止した、と 聞いたときから覚悟はしていたつもりだったけれど、この脱力感はなんだろう?大阪の復活コンサートを聴きに行かなかったことが、かえすがえすも悔やまれる。まだまだ歌っていて欲しかった、本人もさぞかし無念だったろう。私の青春もこれで終わったような気持ちだ。清志くん(いつもこう呼んでいました)のご冥福を心からお祈り致します。ありがとう。
b0120159_115856.jpg
絵と編み物の得意な妹にこんなセーターとか編んでもらってコンサートに着て行ってました。20代の頃です。
[PR]
by Nicole-ay | 2009-05-03 00:50 | 大切なもの、大切なこと

かべかけ人形

数日まえにtotiさんが「糸巻き~♪」に復刻ミニ人形という記事を載せられていた。私は「それいゆ」をライブで読んだ世代ではないが、これによく似たお人形をどこかで見た気がして本棚を探っていたら見つけました^^2004年発行の「くりくり」という小冊子なのですが、ここに「それいゆ」の編集に携わっていた「水野正夫」さんという人の記事が掲載されています。今はファッションデザイナーをされているそうですが、そのころは女の子が作れそうな手芸作品を記事にされていたみたいで、小さい頃に母や叔母のまわりにあったような昭和レトロなクッションやブックカバーなどが紹介されています。写真のお人形は「古い靴下と残り毛糸などでつくったかべかけ人形。鏡の横にかけておいて、朝夕あなたの仲の良いお友達としてお話をしたら、どんなに愉しいことでしょう」と書いてあります。小さすぎて読めないけれど作り方も写真付きで載っていたり。こういうの見ると作ってみたくなります。こんなお人形、実家の母の押入を探したらあるかも。見ているだけで子どもの頃の台所やよく遊んでもらった叔母の部屋の匂いまでセピア色になって思い出してしまいます。
b0120159_1041523.jpg
二見書房  2004・11/10発行  「くりくり」 より
[PR]
by Nicole-ay | 2008-11-12 10:44 | お気に入り

啄木かるた

一時「北村薫」氏にハマっていたことがあった。「時と人の三部作」と呼ばれているなかの「リセット」が特に好き。私は戦後生まれだが戦時中のことは母から良く聞いて育った。最初の物語の舞台となった阪神間も私にとっては思い出深い場所だ。そして中原淳一・・この人の絵を懐かしく思うと言うことは私がものごころが付いたかつかないかという頃にそれが家にあって見ていたにちがいない。どうしても欲しくなって復刻版を取り寄せた。もう5年ほど前のことかな。いまでも時々取り出してながめている。かるたの言葉がせつない。あのころの女学生たちは(母も、義母も)今の子たちより奥ゆかしくて、でもすごい胸キュン(古いなぁ~)な恋愛をしていたんだと思う。
b0120159_23265220.jpg

[PR]
by Nicole-ay | 2008-01-16 23:27 | お気に入り

これからの季節にむけて

夏が暑いと冬も寒いと云いますが、今年こんなに猛暑だったら冬はどんなに寒いのだろう・・・。暑さはある程度がまんできるが寒さはどうも苦手なので不安です。昔から編み物が苦手でいつか克服してやろうと思いながら今日まで来てしまいました。去年編み物上手なお友達にかぎ針のモチーフを2種類教えてもらいました。最初はどうなることかと心配し、四苦八苦して肩はガチガチに凝りましたが、なんとかマスターしました。
b0120159_20323321.jpg
↑この2点を作りました。バッグは義母のスーツの残りぎれを使わせてもらいましたが生地がやわらかすぎたので裏地にタフタを使いました。これでしゃっきりしました。ストールは温かい色の組み合わせのが欲しかったので今年の冬は重宝しました。この秋もあと2種類くらいの編み方マスターしようと思っています(応用が利かない、編み物記号が読めない、石あたまなので、またお友達にヘルプお願いしなければ・・)話はかわって、里山ガーデンのtotiさんが蓑虫のバッグを持っておられるとおっしゃっていて、「私も嫁入り前まで持っていたが嫁に来るとき処分した。しかし物持ちのいい母がしまっているかもしれない」とコメントしました。里に帰ったとき探したのですがやはり無く、代わりにこんなん見つけてきました。
b0120159_2132495.jpg
↑これ本物かなぁ・・?トッポジージョの風呂敷です。
[PR]
by Nicole-ay | 2007-09-16 21:18 | la couture