Nicoleさんの日常         当ブログの記事および写真の無断掲載はご遠慮ください


by Nicole-ay
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

なのはな

萩尾望都さんが昔から好きです。初めて彼女の絵に出会ったのは小学生の時でした。その頃「なかよし」「少女コミック」「マーガレット」などなど少女マンガ雑誌はたくさん出版されていましたが、うちの母は活字の本はいくらでもおねだりすると買ってくれたのに、マンガ雑誌は絶対買ってくれなかったのです。それで近所のふたつ年上のお姉ちゃんのお家に遊びに行ってそこの縁側で「なかよし」や「少女コミック」を借りて読ませて貰っていた小学生のわたしは他の漫画家とはあきらかに違う確かなデッサンの可愛くてコミカルな望都さんにすっかり心を奪われてしまったのでした。以来彼女の作品はほとんど読んでいると自負しています。有名なのは「ポーの一族」や「トーマの心臓」あと宇宙SF物など数え上げたらきりがありませんが、最近では「ここではないどこか」シリーズを描かれています。その最新刊がこの「なのはな」です。彼女は東北大震災に心を痛め、さらに福島の原発事故にショックを受けます。去年4月に友人が「復興のために経済を回さないと」と開いたお花見の会に参加して、「チェルノブイリの汚染された土壌をきれいにするために菜の花や麦を植えている。日本もそうすればよい」という話を聴き、帰ってネットで調べたら植物が土をきれいにしてくれる、すでに福島のあちこちでもこの試みは始まっていることを知ります。そしてこのお話を描かれたそうです。5つのおはなしと萩尾さんのあとがき。一気に読み終えて、それから何度も読み返しています。
b0120159_3451237.jpg

[PR]
by Nicole-ay | 2012-03-14 03:46 | 大切なもの、大切なこと

てっちり

節分にふぐを食べにいきました。初めて連れていって貰ったてっちり屋さんでしたが、とても丁寧で、繊細なお料理と、お鍋を作ってくださったお店の方の心のこもったふぐのお話が深くて、それなのに堅苦しくなく楽しい時間をすごしました。もちろんお味は抜群でしたよ^^v
b0120159_3123251.jpg

[PR]
by Nicole-ay | 2012-03-12 03:16 | お出かけ
お昼ごはんを済ませ、フィレンツェからユーロスターイタリアに乗ってローマに着いたのが夕方で、その日はカンツォーネを聴きながらの夕飯で終了し、ローマ観光は次の日に。二連泊するローマの宿はテルミニ駅近くの広すぎず、狭すぎずそんなにデコラティブでもない結構私好みのホテルだった。ローマの2日間、わたし的にはハード過ぎるほどのスケジュールで観光スポットを廻った。コロッセオ、トレビの泉、バチカン市国のサンピエトロ寺院、バチカン美術館とシステーナ礼拝堂、スペイン広場などなど。ツアーで行って良かったことは先に順番を取って貰っているのか団体入り口から待たずに入れたこと、ガイドさんの懇切丁寧な解説を聞けたこと。ただ、あんまりざっくり廻りすぎて頭の中がぐちゃぐちゃの未消化のまま帰ってきました。しかし、システーナ礼拝堂の天井画は夏に大塚国際美術館で予習してあったので本物をみてとても感動しました。余談ですが私たちのツアーの新婚さん達のことを私と(一緒に行った)ママ友は「うちの新婚さん」と呼んでおりました。ローマに着いた頃には各カップルの個性もわかってきて楽しかったです。特筆すべき事はみんな時間を守る「良い子」達だったこと。集合時間に誰か来なくて待たされる、と云うようなことは一度もありませんでした。
b0120159_2533947.jpg
↑コロッセオ  ローマは印象としては茶褐色の街、歴史の深さを感じました。
[PR]
by Nicole-ay | 2012-03-12 02:57 | お出かけ

日々好日

最近のるっちゃん。リラックスしすぎやろ^^;無防備にもほどがある。
b0120159_1833086.jpg

[PR]
by Nicole-ay | 2012-03-04 18:04 | にゃんこ
フィレンツェは滞在時間が短かったが落ち着いた街だった。もしも又いつかイタリアを旅するならばゆっくりと滞在したいと思った。この旅行は天気に恵まれていたが唯一フィレンツェの朝だけ小雨が降った。傘を差すほどの雨ではなく、むしろ街並みがミルク色に包まれて美しかった。前日ベネチアからバスに乗り夜にフイレンツェに着き夕飯を食べたのだが、その時にテーブルが同じだった新婚さん達と少しお喋りした。聴けばご主人が27~8歳、奥さんが25~6歳平均のカップルのようだ。うちのムスコたちもよく似た年令なので、そのうちこうなるのであろうと興味津々、みんな良い子たちだけど少しずつ特徴があってなかなかおもしろい。おじゃま虫にならないように気を付けながら旅を続ける。
b0120159_244261.jpg
写真はウフィッツィ美術館から見たポンテベッキオ(ベッキオ橋)
[PR]
by Nicole-ay | 2012-03-02 03:05 | お出かけ