Nicoleさんの日常         当ブログの記事および写真の無断掲載はご遠慮ください


by Nicole-ay
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:大切なもの、大切なこと( 49 )

なのはな

萩尾望都さんが昔から好きです。初めて彼女の絵に出会ったのは小学生の時でした。その頃「なかよし」「少女コミック」「マーガレット」などなど少女マンガ雑誌はたくさん出版されていましたが、うちの母は活字の本はいくらでもおねだりすると買ってくれたのに、マンガ雑誌は絶対買ってくれなかったのです。それで近所のふたつ年上のお姉ちゃんのお家に遊びに行ってそこの縁側で「なかよし」や「少女コミック」を借りて読ませて貰っていた小学生のわたしは他の漫画家とはあきらかに違う確かなデッサンの可愛くてコミカルな望都さんにすっかり心を奪われてしまったのでした。以来彼女の作品はほとんど読んでいると自負しています。有名なのは「ポーの一族」や「トーマの心臓」あと宇宙SF物など数え上げたらきりがありませんが、最近では「ここではないどこか」シリーズを描かれています。その最新刊がこの「なのはな」です。彼女は東北大震災に心を痛め、さらに福島の原発事故にショックを受けます。去年4月に友人が「復興のために経済を回さないと」と開いたお花見の会に参加して、「チェルノブイリの汚染された土壌をきれいにするために菜の花や麦を植えている。日本もそうすればよい」という話を聴き、帰ってネットで調べたら植物が土をきれいにしてくれる、すでに福島のあちこちでもこの試みは始まっていることを知ります。そしてこのお話を描かれたそうです。5つのおはなしと萩尾さんのあとがき。一気に読み終えて、それから何度も読み返しています。
b0120159_3451237.jpg

[PR]
by Nicole-ay | 2012-03-14 03:46 | 大切なもの、大切なこと

清志郎

b0120159_13145723.jpg
昨日で忌野清志郎が亡くなって2年経った。学生時代、妹が好きで聴いていたのがきっかけで聴きだしてからもう何年になるのだろう。実は訃報を聞いたすぐあとにムスメと友達母娘とフランス旅行に出発したので亡くなったあとのニュースやワイドショウ的報道はほとんど見ていない。だからなのか今でも亡くなってしまって、もうこの世に彼は居ないと云うことがもうひとつわかっていない。この時期はメディアに取り上げられて映像や声を聴く機会が多くなる。今は原発事故のニュースを見聞きするたびに清志郎を思い出す。彼の作った唄の一曲一曲を聴くたびにその時期の私を思い浮かべることが出来るのだ。多くのファンの方もそう思っていらっしゃると思うのだが、清志朗は私の心の中で鮮やかな記憶と共に生きている。
[PR]
by Nicole-ay | 2011-05-03 13:16 | 大切なもの、大切なこと

・・・・。

東電のスポークスマンは「ありのまま」を私たちに伝える義務があると思う。東電の福島原発で、今まさに最悪の事態を避けるため夜を徹して働いている現場の方達は決死の覚悟でされているのだと思う。現に重傷者もでているとか。記者会見の場と現場のギャップがありすぎると感じます。         
[PR]
by Nicole-ay | 2011-03-15 10:47 | 大切なもの、大切なこと

東日本大震災

被災されたみなさまのご無事をお祈り致します。お見舞いを申し上げるのも躊躇するようないたましい情報にことばもありません。
[PR]
by Nicole-ay | 2011-03-13 10:26 | 大切なもの、大切なこと

昭和なレコード

ムスコ2が完全帰阪したので手狭になった部屋を片付け中であります。棚を整理していたら懐かしいレコードの数々が出てきました。夫や義妹と年齢が近いので、同じLPが二枚ずつあるのも多いです。クラッシックレコードでは年代がわかりにくいですがポップスやロックなどでは年齢がかなりわかるのでは・・・。
b0120159_141277.jpg
↑大好きだったミッシェルさま。あとお決まりのビートルズやサイモンとガーファンクルなどなど。針を落として聞くとCDでは味わえない何とも云えない趣があります。

もちろん清志くんのも・・。
[PR]
by Nicole-ay | 2011-01-16 01:44 | 大切なもの、大切なこと

美しい花束

三週間ほどご無沙汰いたしました。十月の最後の日曜はムスメの通うバレエ団の恒例の公演があり何日か前から準備やらなにやらで忙しく過ごしておりました。公演は観客の皆様の大きな拍手と共に無事に幕が降り、末席ではありましたが出演させて頂いたムスメの母として誇らしく、嬉しく思ったものでしたが、その日叔父の訃報を聞くことになりました。母の弟で頼りにしていた叔父でしたのでたいへんショックをうけました。叔父は叔母と趣味の山歩きの途中で突然倒れてそのまま意識が戻ることなく逝ってしまいました。亡くなるちょうど一週間前に実家の法事にお参りしてくれて昼食を一緒にしたのが最後となりました。あの時、もっといっぱい話をすればよかったと悔やまれます。今年は私の周りであまり良くないことがたくさん起きました。心の幅の狭い私は、心配のあまり眠れなかったり、イライラが積もって夫に当たったり、もういい大人なのにちっとも成長していない自分を遠くから半ばあきれて眺めていたような気がします。今年起きた心配事はどれも現在進行形のものでいつ解決するのか見当もつかないものばかりですが、これからどうなって行くのでしょう。このままの私ではきっと乗り越えられないことだけはわかっているのですが・・・。一時ブログもやめてしまおうか、とも思ったのですが、お庭の草木を愛でたりするのは良い息抜きになりますし、ブログタイトルどおり時々投稿していけばいいのかな?と思ったりしています。
b0120159_21455329.jpg
↑楽屋お見舞いでいただいた秋色の美しい花束。おしゃれです^^
[PR]
by Nicole-ay | 2010-11-15 21:52 | 大切なもの、大切なこと

久々の怒りと偏頭痛

b0120159_1411163.jpg
先日、久々に持病の偏頭痛のデッカイのがきたーー;朝から市販の頭痛薬を飲んだりしてなだめすかしていたのだが、ついに我慢ができなくなり時間外で救急外来にお世話になった。夫に受け付けを済ませて貰ってロビーで待っていると、少し前の長椅子のあたりから声が聞こえてきた。夫婦で言い争っている様子。「もう、あなたの不注意でしょ、なんでこんなことになったのよ(怒)」「・・・」「もう少しで夏休みも終わるのに・・」「病院も病院よ、湿布くらいしてくれたらいいのに」「・・・」「怪我したらまた幼稚園休ませないとあかんじゃない(怒り)」云々・・。見ると30代くらいの夫婦の間に3~4歳くらいの子どもがしくしく泣いて座っている。その頭越しに妻が夫に途切れることなく子どもを不注意で怪我させたことを責めているのだ。「レントゲン」とか「ヒビ入ってるんじゃないの?」「湿布」「くるま」などの言葉が連発されていたので、たぶん車から降りるときに落ちたか転んだかしてこの病院に駆け込んだようだ。幼稚園に預けられないと仕事に支障がでるのだろうか。私は偏頭痛がピークに達していてかなりヘバっていたのだが、ムラムラと怒りがこみ上げ、「子どもが怪我して不安で痛くて泣いているのに優しく声をかけて安心させてあげることもせず親が揉めるってどういうこと(怒)もっと子どもの立場にたって考えなさいよ(怒)!!」と、説教しようとしたのだが、あまりの頭痛に声もでなかったのであった。診察を終えて少し落ち着き、帰りの車の中で、付き添ってくれていたムスメにその親子の事を話すと、ムスメも同じように感じていたらしく「なんかギスギスしていて余裕がない感じのお母さんやったね」と言った。そうなのだ、ムスメよ、将来子どもを授かる事になったとき、子育ては心に余裕をもってして欲しい。子どもの心に寄り添って育てて欲しい。多少私自身の反省も込めてそうお願いしたい。
[PR]
by Nicole-ay | 2010-08-31 01:44 | 大切なもの、大切なこと

礼節

今朝も朝からオリンピック観戦である。お勤めの方には申し訳ないですが、暇な主婦です。主婦業は24時間営業ですが、24時間を自分で調整できるところが、ゆるゆるの私には向いていると思うのです。服装問題の彼の記事を朝刊で読んでちょっと寂しい気持ちになりました。社会生活をするにはTPOというのがあって友達と喋っている時と目上の人と話すときでは話し方を変えるように服装も着ていく場所によって変えなければいけません(今回は着方ですね)こんなこと、当たり前のことで教えなくてもわかっているわ、と、お考えの方もおられるでしょうが、子育てをしていると足下をすくわれることがあるんですよね、これが・・・。私も色んなことで何度も経験しました。でも、子どもの頭は柔らかですから、きちんと説明すると必ず理解してくれます。今回のこともまぁ、大学生にもなってTPOもわかってないのにはあきれましたが、橋本聖子さんもきっちり話をされたみたいだし遅ればせながらも気がつけばいいとおもうのですよ。それよりも、「大学が予定していた応援会を中止する」ってなんなんだーー;確かにおわび会見の態度も悪かったけど、これから試合に臨む学生に「多くの方からの批判もあり、開会式出場もやめさせられたことを考慮した」ってなにさ?ここで「頑張れ!」って応援してやるのが「学びの舎」ではないの?母校ってなにさ?おばさんは朝からサム~い気持ちですーー;
b0120159_93086.jpg
このデザインは好き^^v
[PR]
by Nicole-ay | 2010-02-16 09:10 | 大切なもの、大切なこと

読み聞かせること

年末に棚の整理をしていたら、岩波の子どもの本が出てきた。これは、私の母が私たち兄弟に毎晩お布団の中で読み聞かせてくれた絵本で、そのうちの何冊かを私の子ども達に読んでやるために実家から持ってきたものだ。「ちびくろさんぼ」や「おさるのジョージ」シリーズ、私の大好きだった「ちいさいおうち」もある。今読み返してみてもただ懐かしいだけでなくおもしろい。値段はというと、なんと平均130円!!私は母のようにたくさんの本を子どもに読んでやったかといえば自信がない。なんだか子育てに忙殺されて自分もクタクタになって一緒に寝た夜の方が多かったかも知れない。けれども子ども達は活字離れしていない、けっこう本には親しんでいるようだ。これも母の(おばあちゃんの)贈り物かも知れない。
b0120159_065051.jpg
「こねこのぴっち」「もりのおばあさん」なんていうのも好きだった。
[PR]
by Nicole-ay | 2010-01-06 23:59 | 大切なもの、大切なこと

Joyeux Noël 

b0120159_17421294.jpg
嬉しそうな並木道を どこへ向かうの
すれ違う人は皆 知らない顔で
街はまるでおもちゃ箱 手品みたいに 
騙すように隠すように キラキラ光る

バスの向こう側で 祈りの歌声

今夜こそ優しくなれないかな すべて受け止めて笑えないかな

>中略<

許せずにいる事 解らない事 認めたくない事 話せない事

今夜こそ優しくなれないかな 全て受け止めて笑えないかな
僕にも優しく出来ないかな あなたと楽しく笑えないかな
        
       BUMP OF CHICKEN 藤原基央 Merry Christmasより抜粋
[PR]
by Nicole-ay | 2009-12-25 17:43 | 大切なもの、大切なこと