Nicoleさんの日常         当ブログの記事および写真の無断掲載はご遠慮ください


by Nicole-ay
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

芝蘭社家政学園

大阪市内にも戦火をくぐり抜けた古い建物がたくさんある。その中でも「近代建築」と云われているビルが「レトロビル」などと云われて喫茶店や画廊、服飾、雑貨のお店となり(もちろん事務所として使われている部屋もある)若い世代にもとけ込んでいるように思う。実家にも和洋折衷の蔵があり床が寄せ木であったり窓が両開きの西洋風であったりして幼さい頃こっそり入り込んでダンスのまねごとをしたりしておとぎ話の世界に入り込んでいた思い出がある。淀屋橋の近くに「芝川ビル」という近代建築のビルがある。あるのは知っていたがここが昔、「芝蘭社家政学園」だったと云うのは今月号のLマガジンの特集で知った。「芝蘭社~」は亡くなった義母が通っていた学校である。通っていた頃のことを楽しそうにきかせてもらった。Lマガで見ると中にも入れるみたいなので、義妹を誘って行ってみた。
b0120159_1057633.jpg
b0120159_1122889.jpg
↑正面玄関
b0120159_1058887.jpg
↑屋上。この日はアートイベントをしていた(ここは修復してあるのか比較的あたらしい感じがした)
b0120159_1058295.jpg
↑玄関内部。住人は結構居られるようだ。                          「芝蘭社家政学園」は女学校を卒業したお嬢さんが花嫁修業に通った学校のようで、帝塚山、樟蔭や芦屋女学校など関西のお嬢さん、いわゆる「いとはん」「こいさん」たちが学ぶ今で云う短大の前身のようなものであったらしい。(参考文献、芝川ビルの小冊子)生きていれば今年85歳になる義母がここで青春時代を過ごしたと思うと階段の手すりや寄せ木細工の床までもが愛おしく、義母を懐かしく想う一日となった。
[PR]
by Nicole-ay | 2008-03-10 10:56 | お出かけ